視界にあらわれる症状

男の人

中高年や若い人にも最近増えている飛蚊症は、硝子体の濁りが異様な物体として見えるようになります。酵素の減少で水晶体が衰えてしまうのが原因となり、病院でも問題ないとされる場合が多いです。しかし、網膜剥離の前兆となってしまう場合もあるため、特徴的な症状があるときは早めに受診する必要があります。

More Detail

定期的に眼科へ通う

看護師

緑内障は自覚症状がはっきりと出ないため病気が進行しやすい病気となっています。早期発見をするために定期的な健診が必要です。緑内障の治療は主に薬物療法によって行われます。しっかりと改善するためには、治療薬を正しく使い健康的な生活を送るように心掛けましょう。

More Detail

視界に黒い粒が見えたら

相談

視界に黒い粒が見えるのならば、それは飛蚊症と呼ばれる症状の場合があります。この飛蚊症は年を取ったせいで起こるものと、病気が原因のものとで対処方法が違いますので、判断できないならドクターに診てもらいましょう。

More Detail

現状維持が最大に治療

医者

視野が狭くなる病気

目の病気の一つに緑内障があります。40代以上の20人に一人の割合で緑内障にかかっているといわれています。緑内障は視野が狭くなる病気です。しかし一気に視野が狭くなるわけではなく徐々に視野が狭くなるため、その病気が進行していることになかなか気づきにくい特徴があります。知らぬ間に緑内障が進行し、気づいた時にはかなり進行していることも少なくありません。放置すると失明するなど恐ろしい病気でもあります。緑内障の要因は、視神経が障害されることによって生じます。眼球に一定の圧力をかけているのが眼圧ですが、この圧力が何かしらの異常によって高くなることで視神経が圧迫され緑内障が生じるのです。視野は、両目ではなく片目で生じるのです。失明の危機に直面していると言えます。早めの改善を目指しましょう。

眼圧を下げる治療法

通常両目で立体的に物体を見ているため、片目の視野が狭くなっても気づきにくいのです。視野が狭くなっていることに気づく頃にはかなり視野が狭くなっている状態です。緑内障の治療は狭くなった視野を元に戻すことはできず、これ以上視野を狭くならないように眼圧を調整する治療法となります。一度死んだ視神経を復活させることはできないのです。現状維持が最大限の治療法であるため、できる限り早く治療することが有効となります。通常薬によって治療が行われますが、眼圧が下がらない場合には、手術やレーザー治療など物理的治療法によって治療が行われます。定期的に眼科で検診を受けることで早期発見、早期治療につながるため定期検診の受診をおすすめします。