視界にあらわれる症状

男の人

飛蚊症は、視界に透明な浮遊物や小さなゴミのような物体が見えてしまう症状です。飛蚊症が見える場合は、晴れた日に外の景色を見たとき、または白い背景などが誘発させてしまいます。しかし、飛蚊症の多くが特に問題ない場合となり、病院でも治療に踏み切るケースはあまりありません。飛蚊症が起きてしまう原因は、加齢や近視で硝子体の濁りが出やすくなってしまうためです。硝子体は目の中にある透明なゼリー状をしたもので、原因が加速すると繊維組織が壊れて水の塊ができてしまいます。これが、飛蚊症として見えてしまう現象となるのです。加齢によって酵素が減少してしまい、これが飛蚊症を起こしやすくしてしまいます。紫外線の影響で酵素を少なくしてしまう活性酵素が活発になるため、極力紫外線を抑えていく対策が必要となります。また、食事で補う栄養も酵素にいい影響をもたらしてくれるので、食事内容も見直さなければいけません。

飛蚊症の症状は、年齢的な問題や生活環境の影響だけではありません。網膜剥離の前兆として起こる場合もあり、放置できない場合もあります。網膜剥離は網膜に裂孔ができるとき、網膜の血管から出血してしまいます。この出血が飛蚊症として見えてしまうようになり、何かが流れ出るような状態に見えるのが特徴です。また、網膜剥離は光視症という光って見える症状が出てくる場合もあります。網膜が引っ張られるために起こる放電が原因になると見られ、視界が光って見えてしまうのです。飛蚊症でこの2つの特徴があるときは、早めに病院で診てもらわなければいけません。ときに大きな原因となってしまう場合もあるため、異常に感じられるときは眼科を受診するのが最善策です。